注意しなきゃいけないことはある?個別指導塾のデメリットを知っておこう

個別指導塾のメリットは?

個別指導塾のメリットからまず見ていきましょう。個別指導塾のメリットは何と言っても個人に合わせて指導ができる柔軟性にあります。集団授業であれば生徒が理解できていようができていなかろうがカリキュラムに合わせてどんどん先に進んでしまいます。そうなってしまうとついていけない生徒は理解ができないまま授業を聞いているだけの状態になってしまうでしょう。個別指導であれば個人の理解度に合わせてわからないところは立ち止まってゆっくり進めることができますし、わからないところが分からないまま先に進んでしまう心配もありません。また指導の時間も個人に合わせることができるので部活や他の習い事との両立が行いやすいという側面もあります。

デメリットには何がある?

個別指導塾はメリットがそのままデメリットになる場合もあります。個別指導は個人の理解の進捗に合わせて授業を行うため生徒によっては授業速度が遅くなることが考えられます。塾に通わせる目的がテストや受験などの場合は授業を終えなければならないタイムリミットが決まっているため授業の進捗が遅いとそれらに間に合わない可能性が出てくるのです。また個別指導は具体的にどんな指導をしてもらえるのか保護者などに伝わりにくいのもデメリットの一つです。どのレベルで指導を受けられるかも分かりませんし、塾に通う時間もどれくらいにすればいいのかわからないため手探り状態の中、塾に通うかどうかを決めなければなりません。これらは実際に生徒によっても必要なレベルも時間も異なるため見極めが非常に難しいでしょう。

中学受験の塾に子供を通わせる場合、合格実績の多さよりも希望する学校に進学するための授業設定ができる所を選びます。合格実績は受験先を妥協させればいくらでも数を増やせるためです。