高いところを選んだほうがいい?個別指導塾の授業料を比べてみよう

授業料を比較して分かること

個別指導塾は授業料の体系が違う可能性があります。しかし、一ヶ月の費用を比較すると、どの塾が安いかが分かります。授業料は全ての教科を受けるか、科目別で受けるかで授業料は変わります。何を受けるのかを考えて、総額を比較することが大事です。また、個別指導塾を受けるときには、科目を限定して受ける可能性もあります。科目を限定したときの授業料を計算すると、個別指導塾を選ぶ指標になります。ただ、授業料が高いことに注目するのではなく、なぜ高いのかを考えることも大事です。その授業に自信があるから高い可能性もあります。個別指導塾の方針などを確認してみると、授業料が高い理由が分かることもあるのです。授業料が高いから諦めるのではなく、高いけど子供のためになるのかを考えます。

授業料が高いからいいとは限らない

高い方がいい授業をしてくれるイメージがありますが、それはすべての塾に当てはまる訳ではありません。そのため、実際の評判や口コミなどを調べる必要があります。例えば高い授業料を払っても子供の成績が伸びないこともあるのです。それでは高い授業料を払う意味がないでしょう。また、主役である子供のことを無視して個別指導塾を決めてもいい結果になりません。そのため、ある程度授業料で行ける個別指導塾を決めて、最後は子供に決めてもらうことが大事です。子供は自分で決めないと、やる気が出ません。ただ、どこを選んでもいいとなると、高い授業料の塾を選ばれて困る可能性もあります。そうならないように限定して、行く本人に選ばせましょう。

中高一貫校は学習進度が速く授業内容を消化しきれないケースも出てきますが、学校の速い学習進度に対応した中高一貫の塾に通うことでその問題を解決することできます。